たわいもない話

おばさんの独り言

やっと秋風

私が住んでるところ

昨日でやっと、九月になってからの真夏日更新記録が止まったそうな。

で、今日はいきなりの秋風。

それからの雨。

仕事中、秋雨ならぬいきなりの土砂降りにびっくりの午後。

今週は、先週の自己嫌悪から抜け出すべく、なるべく、なんでアタシがやらなきャイカンのよ、を封印の努力。

ワタシが勝手にやらなきゃ‼︎でやってるだけで、けして無理にやらされてるのではない。

だから、理不尽だと怒るワタシがおかしいのだ。

そう考えると、わりと落ち着いて仕事出来た。

(昨日は、別件でヤサグレたけど)

明日はお天気の様子見て、田舎参りするかなあの予定。

義父の精神状態はどうだろう、今の私には鷹揚さとガマン強さが普段よりも格段に足りないのはわかっているので、雲行き怪しければ逃げるから!と夫には宣言しといた。

とりあえず、今晩はゆっくり呑もう。

今晩のお酒は焼酎のお湯割りにスダチを軽く絞っていただく。

あー、美味しい〜。

 

いろいろほっとけ、と思う

親だから、子供を無条件に愛せ慈しめ。そしたら、真っ当に育つはず、それが出来てないのは親のせい、特に母親のせいとか。

親子でも相性ってもんもあるし、子育て方針それぞれだろうし、子供の性格ってもんもあるわ。

第一、誰もダメ人間作ろうと思って子育てなんかしやしないわ。

子供だから、親の面倒を見るべきと言われても、親子だからこその確執もあるかもしれないし、それこそ毒親だったかもしれないし。

仲良くできない事情をいちから他人に言うわけないし。

誰も彼も、道徳のお手本みたいに生きていくなんて出来やせんわ。

それができる人は素晴らしいと思うけど

あれっ?て思う人を、一方方向で見ただけで、ダメな人という烙印を勝手に押して、あれこれ言うの、やめんてくんないかな。

それなりにがんばって暮らしてるのよ。

ほんっと、知らん顔してほっといて。

 

8月の家計簿〆た

給料日に合わせての集計。

8月の家計簿

食費   54,164円。

まあ、先月が安く上がりすぎていた。こんなもん。

ほかに目立つのは

医療費  9,143円。

私が歯科とがん検診に行ったのがいつもより余分。

その他  17,499円。

プリンターの買い替えや、何やかやの細かい出費がかさんだ。

車保険代   80,620円。

これは年間まとめ払い。もっと安いネット通販とか検討したいが夫が反対なので、もうよし。

あとは猫の餌のクレカ払いとかで

ペット費   12,700円。

今月も買う予定だが、今度はデビッドカードで払う予定。その方が集計しやすくていい。

支出合計  住宅ローン込みで  407,431円。

まあ、保険の年払いがあったので妥当なラインぎりぎり。

さー、今月は何もないかな?

しかし増税、やだわー。

 

家族といなくても楽しめる老後

今週のお題「理想の老後」

昨日、敬老会のお手伝いしながら、自分の老後を想像してみた。

これが、意外にあまり想像できない。

半分ヒッキーの娘、生まれてから今まで彼女歴ゼロの息子たちに結婚ができるとは思えず。

多分、私は孫とか抱けないと思ってる。

それはそれでいいわ、彼らの人生だから。

このままいくと、夫と娘と3人暮らしが続くのだが。

娘はヒッキー、バイト生活。

夫は仕事以外はヒッキーのアニメオタク。

退職したら今まで撮り溜めやダビングしたアニメや映画を思う存分見るんだそうな。

いや、今でも休みの日はくぎ付けやんと思うけど。

うーん、私も家が大好きだけど自分の個室でも持たないと、イライラが爆発しそうだ。

夫には、夫婦で旅行とか何度も誘って袖にされてるのでもう言うのも嫌だし、そういうの苦手な夫や娘を誘っても悪いし楽しくないだろう。

夫婦や親子で仲良く出かけてる人を見ると、うらやましいと思うけど。

私は老後はひとりで、どこへでも行って何でもできるようになりたいかな。

今でさえ行動力ないのに、そんなん無理かなあとも思うけど。

まあ、理想だから、書いとこ。

家族とほどほどの距離感を持って暮らして、自分ひとりでも楽しめることを見つけてして、

家族や他人をあてにせず、恨みもせず自分を犠牲にせず、もちろん家族とも仲良くはして、自分も家族の個性も大事にできたらいいな。

…えらい、漠然としてるけど。

あ、あとは猫たちともずっと暮らしたい。

こんなもんかな。

 

敬老会のお手伝い

今日は、地区役員の仕事で敬老会のお手伝い行ってきた。

地区の集会所で行う慎ましい敬老会だが、仕出しのお弁当にお酒にお土産の甘味。

ステージでの出し物に、バンドの生演奏。有志のカラオケなど、それなりに和気あいあいで楽しそうにみえた。

お開き後の片付けして、解散。

いやしかし、役員の三分のニは70代すぎ。今日の敬老会の参加者でもあった。

準備しておもてなしする側も、似たようなお年頃って悩ましいわー。

 

 

 

 

「育休刑事」

好きな作家さんのひとり、今作も面白かった。

 

 

どーすれば理想の自分に近づく?

仕事の忙しさに比例して

愚痴っぽい独り言が多くなった。

で。実際

しっかり愚痴も増えている。

時には上司にも、それはちょっと納得いきません、などと口応えすらしてしまうようになった。

ため息も増えた。

口元もへの字にしてるんだろうな、おかげで顎の痛みも治らず。

こんな自分は嫌なんだ。

負のオーラ撒き散らしてる感じ。

仕事キツくても、笑顔で仲間と励ましあって颯爽とこなしていきたいのに。

あの人がもっと仕事はかどってたら、こんな超勤しなくていいのにとか、言いたくないのにー、つい古い仲間には愚痴ってる自分がいやー。

ほんとに嫌なのに、言っちゃう自分。

言った後後悔するのになあ。

なんでやー、自分。

外見も、肩を落とし背中を曲げ、まさに中年のダル気なおばさんそのものの今の私。

で休みの日は

空気抜けたみたいに、これまただるだる。

涼しくなったら、なんか変わるかな。

来月になれば、仕事も落ちつくかな。

うんと小さな子供の頃は、大人になれば

誰でも喧嘩もいじめも愚痴も言わない素敵な人間になるんだとなんとなく思ってた。

まあ、すぐにそんなことはないのだとわかったけども。

でも。自分は

そういう素敵な大人になりたいと思ってだはずなのに

50歳過ぎてもこんなんでは、恥ずかしい。